マッチブック

リクルートグループが運営

有名大学のミス&ミスターが登録


マッチブックはあのゼクシィやタウンワーク、リクナビネクストなど様々な地域や結婚や就職、他には試験アプリなどを作っていたり、非常に多くを手がけていて成功をしている一流企業のリクルートグループが運営をしているマッチングアプリです。

上場企業であり安定した大手企業ですよね。

中でもゼクシィといえばテレビのCMでもおなじみですし、結婚をするのが決まったらとりあえずゼクシィを購入して結婚をする際にどんなことをすべきなのかを教えてくれるまさに結婚におけるバイブル的な認識を持っている人が多いですよね。

そんなゼクシィを手がけるリクルートグループが運営をしているのがマッチブックなんです。

このマッチブックの特徴としてはやはり有名大学のミス&ミスターが実際に登録をしているというのが特徴です。

有名な東京大学や慶応大学など様々な大学が参加しているということで話題に挙がりました。

実際のミス&ミスターが登録をしているということもあり、圧倒的に若い人が利用しているのが特徴です。

もちろんリクルートグループという安心感もあるからこそできることだと思いますが、大学生やフリーターや新社会人などの若い年齢層が利用しているということで恋人作りや趣味を活かした交流が出来ます。

まだリリースされたばかりであり、そこまで利用者がペアーズやタップル誕生と比べるとどうしても利用者数は少ないですが、新しい物好きな若者では早くも話題になっています。

リクルートの子会社の株式会社ニジボックスですが、従業員数も100名を超えるといて子会社と言っても決して小さい会社ではありません。

ホームページにもしっかりとリクルートグループと記載があるのでしっかりとまじめな運営を行っている安心感があります。

月額利用料は1ヶ月プランでは3,980円/月と他のマッチングアプリと比べると多少割高に感じるかもしれませんが、12ヶ月まとめてプランにすれば2,415/月ですからそこまで他のマッチングアプリとの違いはないと思います。

基本的なアプローチ方法もコミュニティや年齢や地域等からアプローチをしていき、気になる人がいればいいね!を送って相手から返信が来ればマッチングとなります。

この場合月額プランに入っていなくても最初の1通が無料なのでマッチングしてから月額プランに入ってもいいと思います。

どれくらいマッチングできるのかを色々な人に良いね!を送って返事がどれほど返ってくるのかを実感してから始められるのはいいことですよね。

マッチブックもフェイスブック連動型のアプリですが、このマッチブックでは友達が10人以上でないと登録できないようになっています。その時に友達に利用していることは知られません。

このためサクラ対策やキャッシュバッカーがいないで本当に利用者同士のつながりが持てるようになるのです。

そもそも月額固定制の場合はサクラやキャッシュバッカーは少ない傾向にあるのですが、それでも他サイトへと誘導させる業者もいるわけです。特に女性のなりすましなどは無料で利用できるためなりすましがいる可能性があるのですが、友達が10人以上いないと登録が出来ないということでよりサクラ対策になります。

もちろん24時間365日体制で監視を行っていて不正やトラブルが内容に見守っていますが、これによって磐石な体制を敷いているのです。

2015年からリリースされていてまだまだこれからかもしれませんが、若い世代を中心には利用者数はどんどん増えきますから早いうちから利用して多くの人と交流するようにしましょう。

もちろん若い世代が中心ですが、20代や30代の利用者がいます。若い人と付き合いたいとか考えている人も積極的にアプローチをしてもいいでしょう。

今は若い大学生でも大人の男性と付き合いたいと思っている女性も多いです。一回り年の離れた人と付き合うことに抵抗がない人もいるので積極的にアプローチをしてマッチングしていきましょう。

サイトメニュー

↑ PAGE TOP