セフレ関係を作る際の注意点

バレたら終わり

家庭を第一優先にする


出会い系サイトを利用する人の中には結婚をしていて家庭を持っている人も利用しています。

結婚をしていて何年もセックスレスの家庭環境だったり、もう子供の母親として見れなくなってしまったから女性として見られたいという思って利用していたり、男性であってもセフレの関係や一夜限りの出会いを求めて自分の妻以外と関係を求めて利用しています。

出会い系サイトを利用している人の2割から3割ぐらいが既婚者だといわれているほど出会い系サイトでは割り切りの関係を求めています。

出会い系サイトの素晴らしい点はやはり匿名同士で利用できてはじめから割り切りの大人の出会いを求めることが出来るという点です。

実際に出会い系サイトを通じて多くの人が割り切りの関係を行っていますが、セフレ関係になって満足ではなくてセフレ関係になったら必ず守らなければいけないルールがあります。

セフレ関係を求める上での注意点について紹介していきたいと思います。

必ずルールを守る


セフレ関係になった時にお互いに必ずルールを守るようにしてください。例えばお互いに家庭がいる時間帯には連絡を取らないようにするとか、お互いに仕事のメールの内容のように打ち合わせということやお客さんのクレーム対応でこの日に予定を取ろうと思っているけど大丈夫ですか?

みたいな形で仕事の話のようにしてさらにお互いに日程が決まったらすぐにメールのやり取りをしないようにするとかそもそもラインやメールの交換はせずに出会い系サイト上でのメッセージでのやり取りをするといった具合に必ずルールを決めるようにしましょう。

お互いに2人で決めたルールを守れないのであれば会うことはしないようにしましょう。

一定の距離を取る


セフレ関係となりお互いに男女の関係になると付き合いたてのように久々の恋愛関係のような感覚に陥ってしまいます。

しかし、お互いに家庭のある身ですからそこは一定の距離をもってあくまでも家庭を優先をしましょう。お互いの家庭にバレてしまったらもう世間からは白い目で見られてしまいますし、慰謝料などもかなりの額に上ります。

子供にも大きな心の傷を残してしまうことになりますので必ず深追いせずにする事が大切です。

どんなに身体の関係を求めても大事なのは家庭というものを覚えておきましょう。

本気になってしまったとしてもこれからの将来のことを考えて冷静な分析をしましょう。また相手が本気になったりしてくるときもあります。

例えば自分は既婚者でも相手が既婚者じゃない場合だったら相手が本気になってしまう可能性が非常に高いです。

一定の距離を保ちたいと思っても相手の想いが暴走してしまう可能性もあります。もし相手が踏み込んだ距離を縮めて来たら諦めてセフレ関係を終わらせたほうが良いと思います。

スリルを求めない


セフレ関係が長引いてお互いに慣れた来たらどんどんスリルを求めたりホテルに行くお金が勿体無いからといってお互いの家で性行為をしようと考えてしまいますが、絶対にやめましょう。

割り切りの関係やセフレの関係がバレてしまうのはやはり自宅のことが多いです。

また危機感が薄れてしまって周りに見られているのではないかとかそういったことを考えなくなってしまいます。

1月に何度も会うようなことはせずに1月に1回、多くても2回程度に収めておかないといけません。会う回数が多ければ多いほどバレてしまう可能性が高まります。

常に最悪のことを想定して行動をするようにお互いに何度も危機管理ともしこればバレてしまった時のことを考えるようにしましょう。

常に綱渡りの関係性であるということを覚えておきましょう。

サイトメニュー

↑ PAGE TOP